9d06d5b2673addd72bcee5f0a447571b_s

プラダを着た悪魔

私の好きな映画のひとつが「プラダを着た悪魔」です。自分はあまりハイブランドなファッションに興味はないのですが(というよりまず買えませんので)、綺麗な女優さんが素敵な服を着ているのを見るのは好きです。
この映画はまさにハイブランドファッション満載のファッション業界の話です。主役のアン・ハサウェイさんはダサい恰好をしていても素敵に見えてしまいますが、どんどんおしゃれになっていく姿を見てまわりの目が変わっていくのはとてもおもしろいです。ファッションのことを知らなくても、これを見れば勉強になりますし、特に仕事をがんばる女性たちには声を大にしておすすめしたい映画です。
メリル・ストリープさんの演じるミランダ編集長は本当に厳しくて、まわりの同僚にもダサいだの太っているだの言われながらも、懸命に仕事に励む主人公を応援したくなります。現実、自分の働いているところに何かしら不満があったり、自分は何をしたいのか、ずっとここで働いていたいのか、そう考えたりする女性は少なくないと思います。
自分のやりたいことを見つけ、それに向かってひたすら努力するというのは、決して簡単なことではありません。なにかくじけそうになったとき、つらいことがあったとき、この映画を観ればきっとパワーをもらえるでしょう。

薬剤師の転職サイトを比較するなら・・・ SHIGOTRIP.JP

シンデレラ

遠征帰りのバスで2015年に放映された「シンデレラ」を見ました。シンデレラは誰でも幼い頃からよく知られていて、愛され続けている作品です。そんな作品ですが大人になるにつれて聞かなくなるし、正直興味もあまりありませんでした。しかし、こうやって見返してみると改めて素敵な物語だなと感じました。
まず実写版ということで、画面に映されている1つ1つがとても綺麗で美しいと感じました。特に私が惹かれたのは森の中の風景とドレスです。森の中は不便もあるとは思いますが、こんな素敵な森の中であれば空気も澄んでいて気持ちよく暮らせるだろうなと感じました。私もこんな所に行ってみたいです。また、ドレスはダンス中にふわりと揺れる様子がとても綺麗だなと感じました。
そして、何よりシンデレラの美しい心が素晴らしいと思いました。「どんなときでも勇気と優しさを忘れずに」シンデレラがよく言っていた言葉がとても印象的でした。どんな辛いときでも優しい心を持つ事は決して簡単じゃありませんし、嫌だと思うときのほうが多いです。ですが、その言葉を実践できるシンデレラはとても心が強いと思います。そして、私自身の行動を振り返った時に醜いなと感じました。さっきの言葉を私も忘れずに、そしてその通りに行動して、いつでも綺麗な心を持ちたいと思いました。
大人になって見返すとまたさらに魅力的なお話だと思いました。これからも沢山の人に愛されて欲しい映画だと感じます。