海猿

By | 2016年4月8日

映画を見る時に絶対に映画館で見たい、と思う作品とTVでいずれやるだろうからその時に見ればいいやと思う作品があります。
絶対に見たい作品、に上がるのは大抵は迫力のありそうな映画が主になります。映画館の大きな画面で見たいと思うからだと自分では考えています。それでもたまに感動の映画を見たいなと思う事もあるわけで、邦画の『海猿』シリーズなどは映画館で見たいなと思った作品です。
海難事故をテーマにしたもので海という大きな自然を相手に立ち向かっていく海保たちの仲間を思う気持ちと救助者を連れて非難していく姿勢とかとにかく凄いなと思う作品です。海難事故を取り扱った作品で有名なのは洋画のポセイドンアドベンチャーかもしれませんが、邦画でこの海猿を発表してからは日本人にとっての海難事故を取り扱った映画と言ったら海猿になったのではないかと思うくらいに迫力もあり感動ありの作品になっていると思います。
人の心に深く残ったらもう最高の映画だと私は思います。シリーズ通して4作品ありますが、私は2作品目が一番好きです。純愛もあって恋愛映画好きにも喜ばれる内容になっていて、勿論3作品目も4作品目も素晴らしい作品です。
普通にこの海猿シリーズは映画を見た後にDVDを買ってもいいかな、と思えるくらいに感動した映画だと思います。