THE DAY AFTER TOMORROW

By | 2016年7月15日

パニック映画は数ある映画の中で一番好きです。『THE DAY AFTER TOMORROW』は予告を見た時から楽しみにしていました。実際にありそうなパニックって見ていてドキドキします。竜巻も雹も実際に起こっておかしくないです。
スケールが大きくて大竜巻が襲って海の水位が上がって船が街に入ってきたりと凄い作品でした。大寒気でヘリコプターから出たとたんに人間が凍るなんてそんな寒気が襲ってきたらどこにも逃げられないですよね。
そんなところを見ているだけで急に寒さを感じたりとします。でも実際に起こるかもしれないなと思って見ているので教訓にはなります。
ただ、一人がどうにかしたところでどうにもならないわけですが、ほんの僅かな間にあそこまでなったのだとしたら本当に怖いです。ただ他人事として見ているので気楽にしていますが、地球も生きているわけだから何が起こってもおかしくない。
そう思うとパニック映画の中でも自然災害を扱ったものは見たいな、と思わせてくれます。要するに人間の傲慢でなっているわけだから見終わった後に考えさせられます。皆と協力して回避した後に今後どうするべきか考えて終わる作品は教訓としても見るべきだと思います。
実際に起こったら困る作品ですが一度見ておくと何かがあった時思い出せるのでこういう作品は大好きです。